宮城・仙台・山形 質屋 日本刀 甲冑 登録 申請 日本美術刀剣保存協会 重要刀剣 特別貴重刀剣の無料出張買取り 遺品整理「鶴亀屋」日本刀 甲冑のお買取りページ

太刀・刀・脇差・短刀・薙刀(なぎなた)・剣(つるぎ)・鍔(つば)・拵え・縁頭(ふちがしら)・目貫(めぬき)・兜・甲冑・槍・弓・矢尻
鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 大名登録から何でも武士になりたかった鶴亀屋のスペシャリストが全て鑑定しフェアプライスをお約束します

  • 業界随一を誇る豊富な買取品目 鶴亀屋をお呼びくだされば全て一撃で解決します
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り
  • 鶴亀屋を身近に感じて下さい 高価なものだけをお買取する訳ではございません お客様の身近にある物も喜んでお買取りさせていただいております
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り
  • ご存知ですか?お買取り価格はお店によって驚くほど違います
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り
  • 豊富な経験と知識力 情熱の鶴亀屋
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り
  • 日本刀 鎧 火縄銃は質入れできます お気軽にご相談下さい 全力でお貸しいたします
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り
  • 安心・信頼・実績を大切にしたい鶴亀屋
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り
  • 物を大切にあつかう鶴亀屋
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り
  • 鶴亀屋が必ずお役に立ちます プロにお任せ下さい
  • 宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」の日本刀 甲冑のお買取り

日本刀 甲冑お買取り実績

日本美術刀剣保存協会の重要刀剣・特別貴重刀剣から太刀・ 脇差・短刀・薙刀・剣・鍔・拵え(こしらえ)・縁頭(ふちがしら)・ 目貫(めぬき)・ 兜・甲冑・槍・弓・矢尻 鎌倉時代から室町・安土桃山・江戸・明治・大正・昭和・大名登録まで鶴亀屋のスペシャリストが全て鑑定しフェアプライスをお約束します

質入ご利用の流れ ご案内

日本刀・槍・薙刀・兜・甲冑・弓のお買取り価格は、美術品になりますので刀工の知名度・時代の古さ、市場相場、保存状態(寸法・重量・バランス・白鞘の有無・日焼け・色あせ・キズ・形崩れ・汚れ・錆・こしらえ)により算定しております

宮城・山形県民の皆様 お近くの鶴亀屋にどうぞご来店下さい

無料出張買取は当店の人気No.1のサービスです ご自宅にて即現金化 査定は玄関先でOK すべて無料 キャンセル可能 お客様のペースで進めていきます ご安心ください

鶴亀屋 高価買取の理由

それは、当店が買取専門に特化し店内販売をしないからです 店内販売をいたしますと、どうしても広い場所(テナント)が必要になります それに伴い莫大な賃料・人件費・広告費・光熱費・その他の経費がかかります 当店ではそれらの経費を全て削減し高価買取を実現しております お買取り価格は宮城・山形県地域最高値になります

お買取り金額の査定について

お品物の査定は、現時点の新品市場・中古市場・海外市場・国内市場・国内問屋市場・定価・販売価格・時価相場・需要と供給のバランス・デザイン・劣化・キズ・汚れ・動作確認(動作確認が必要な物)等を総合的に考査しお買取り価格を算出します

鶴亀屋を身近に感じて下さい 感謝の買取実績 当店は、高価な物だけをお買取りする訳ではございません お客様の身近にある物も喜んでお買取りしております


    日本刀 鎧 感謝のお買取実績(PERFORMANCE)

    買取価格

    価格非公開 

     刀 在銘兼房 互の目刃紋

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      短刀 在銘無名 鉄透かし鍔

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     脇差 在銘藤原豊行 豊後高田

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      脇差 在銘 清重

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      刀 白鞘 在銘無銘

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      短刀 無銘 拵 螺鈿梨地鞘

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

    刀 在銘無銘 互の目乱れ 拵 鉄地透かし鍔

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      脇差 越前国下坂 白鞘

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      短刀 在銘 山城國信國

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     刀 在銘 来國 鎌倉期来派

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     脇差 在銘無銘 刀身彫

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      短刀 在銘 □宗 拵

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     旧日本陸軍 九八式軍刀

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     脇差 三浦國光 九八式軍刀

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開

    短刀 無銘 波紋互の目乱

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     火縄銃 短筒レプリカ

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

      火縄銃 登録書付

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     甲冑 鎧 黒揃え 等身大

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     兜 面頬 十二間筋兜 烈勢頬

    お売りいただきました

    買取価格

    価格非公開 

     鍔 銅地金象嵌

    お売りいただきました

    ※この事例はごく一部になります 事例にない商品も勿論お買取りさせて頂きますのでお気軽にご相談下さい

    お店に行くのも電話するのも面倒な場合は、LINEから簡単にお買取り査定金額とお貸しできる金額をご案内します ID:sendai-tsurukameya

    日本刀の地図

    五箇伝 山城・備前・美濃・大和・相模 五箇伝とは 日本刀の作風を代表する五つの流派のこと

    日本刀名刀ランキング  第1位 備前国(岡山県東南部) 第2位 山城国(京都府南部) 第3位 相模国(神奈川県の大部分)

    日本刀の時代背景

    平安時代~鎌倉時代 美しい反りのある鎬造りの日本刀の形ができたのは平安時代。平安時代の太刀は細くなる姿で鋒が小さく反りが高く根元の方で強くそる特徴があります。

    鎌倉時代 鎌倉時代は武家政権が誕生した時代であり、日本刀の黄金時代です。幕府が開かれた鎌倉(相州)をはじめ刀剣の産地も広がり太刀は大きく豪壮に変化していきます。幕府が開かれたことにより相模相州の日本刀は東と西の技術を取り入れ相州伝と確立していきます。

    南北朝時代 皇室が南北に分裂した動乱、日本刀も変化しました。とにかく大きくなり刃長が1mを超える大太刀が流行りました。戦国時代以降の大太刀は大磨り上げされて短くなってしまい当時の物はあまり残されていません。

    室町時代 足利将軍家による室町幕府は180年続きましたが政権が安定していた前期と戦乱の後期では日本刀の様相も変わりました。この時代の刀剣は鎌倉時代のようなバランスのいい太刀姿に丁子や互の目の変化のある刀文を焼いて備前刀が代表的です。

    安土・江戸時代 刀剣史では、慶長を境に古刀と新刀に分かれます。刀剣の作風が明らかに変化したためです。豊臣秀吉により刀狩令が発せられ、誰もが所持することができた刀剣が武士以外持てなくなりました。そのため、武士が刀を武士の魂として本格的に扱う時代の始まりです。

    幕末・明治時代 幕末は尊王攘夷論が高まり刀の需要が再び増え出し、峰が大きく反りがつく豪壮な刀が好まれるようになりました。新々刀として分けられます。明治維新は廃刀令により日本刀受難の時代の幕開けでもありました。よって、多くの刀鍛冶が一般家庭向けに包丁や農具の鍛冶で生計をたてました。廃業に追い込まれた刀鍛冶も少なくありません。

    備前国 名刀一覧

    山城国 名刀一覧

    相模国 名刀一覧

    備中国 名刀一覧

    筑前国 名刀一覧

    尾張国 名刀一覧

    尾張国 名刀一覧

    大和国 名刀一覧

    肥後国 名刀一覧

    肥後国 名刀一覧

    陸奥国 名刀一覧

    越中国 名刀一覧

    伯耆国 名刀一覧

    摂津国 名刀一覧

    他 名刀一覧

    日本刀 各部の名称

    鍔(つば)とは、一般的に直径6~8センチ前後の円形で厚さは2ミリ~6ミリ程度の金属金具。使用される金属の種類には金、赤銅(しゃくどう)、銀、朧銀(おぼろぎん)、鉄、素銅(すあか)などがある。一説に日本刀で相手を突いた際に、自分の手が刃の方に滑らないようにするためのに考案されたものという。

    目貫(めぬき)とは、現代でも賑やかな表通りを目貫通りと呼ぶように、刀装具で柄の中央の最も目に付く箇所に付される刀装具が目貫であり、鐔や縁頭とともに尚武の気風を示した意匠あるいは家紋や洒脱な図柄を表わした作品を用いている。打刀拵や糸巻太刀拵等の場合は柄糸の下に巻き込んで滑り止めと手持ちの良さを向上させるものだが、出鮫柄の場合には糸を巻かずに表面に露出させた出目貫とする。

    縁頭(ふちがしら)とは、刀を握る際の「持ち手」部分を柄(つか)と呼ぶが、縁頭(ふちがしら)とはこの柄の前後にある金具のことを云う。刀の切先に近い方を縁(柄と鐔の接触部に設けられる金具が縁)・遠い方を頭(かしら)と呼ぶ。

    小柄(こづか)とは、外装(拵)の差裏鞘口辺りに収められる小刀穂(小型の刃物)の柄部分を小柄(こづか)と呼ぶ。刃物部分は小刀穂(しょうとうほ)と呼ぶのが一般的。 小柄は小刀穂の持ち手部分であり、本来はあくまでも実用品であったが、次第にその装飾性が注目され、金工芸術として独自の発展を遂げた。笄(こうがい)とともに多くの名品が伝世し、現在でも多くの愛好家の目を楽しませている。

    笄(こうがい)とは、外装(拵)の差裏鞘口辺りに収められる小刀穂(小型の刃物)の柄部分を小柄(こづか)と呼ぶ。刃物部分は小刀穂(しょうとうほ)と呼ぶのが一般的。 小柄は小刀穂の持ち手部分であり、本来はあくまでも実用品であったが、次第にその装飾性が注目され、金工芸術として独自の発展を遂げた。笄(こうがい)とともに多くの名品が伝世し、現在でも多くの愛好家の目を楽しませている。


    宮城 仙台・山形エリアの質屋・買取「鶴亀屋」は業界随一を誇る豊富な質入れ品目 質入れできる物は沢山ございます お金が必要になったら 全力でお貸しいたします 査定無料 年齢制限 お客様の大切なものをお預かりしてお金をお貸しするサービスです

    宮城 仙台・山形のお片づけや遺品整理は鶴亀屋が最も力を発揮する最高のサービスです 鶴亀屋をお呼びくだされば全て一撃で解決します

    とにかく時間がない・急ぎたい・当日予約・相場価格をすぐ知りたい方はすぐにお電話ください 仙台本店TEL:022-302-7782/山形店TEL:TEL:023-674-8217

    お見せに行くのも電話するのも面倒な場合は、LINEから簡単にお買取り査定金額とお貸しできる金額をご案内します ID:sendai-tsurukameya

    宮城 仙台・山形の無料出張買取は当店の人気No.1のサービスです ご自宅にて即現金化 査定は玄関先でOK すべて無料 キャンセル可能 お客様のペースで進めていきます ご安心ください


    営業カレンダー

    営業時間10:00~17:00

    PAGE TOP ▲